【マッサージの効果】本当に効果があるのか?現役マッサージ師が解説

「マッサージの効果は時間によって左右されるのかを知りたい」
「マッサージを受けようと思っているけど、事前にどのような効果があるのかを知っておきたい」

このブログでは、マッサージに興味があるあなたに向けて記事を書きました。

マッサージの効果は?

マッサージの効果は主に4つに分けることが出来ます。

  1. 柔軟性の維持
  2. ストレスの緩和
  3. 疲労回復力の向上
  4. 血行促進

以上の4つが主なマッサージの効果となるので、一つ一つ解説していきます。

1.柔軟性の維持に役立つ

筋肉の痛みやコリ固まった身体を放置しておくと、体が固まったままの状態を維持してしまうので、常に緊張状態になってしまいます。さらに放置した状態が継続することで、身体のさまざまなトラブルを起こす可能性があります。

人間は痛みを避ける傾向にあるので、筋肉の痛みを伴うとかばった動きを取るので姿勢や身体の動きや使い方が均等にならずに問題が起きやすくなってきます。

筋肉の緊張を和らげると身体の柔軟性を出す為にはマッサージが効果的です。

2.ストレスの緩和に効果的

身体が緊張状態になっていると、血流が悪くなりストレスを受けやすくなります。意識的にリラックスしようとしてもなかなかストレスを解消することは困難です。

ストレスが溜まると、自律神経のうちの「交感神経」の働きが強くなるのでホルモンバランスが崩れたり、免疫力が低下するなど健康に必要な要素に障害を引き起こす可能性があります。

定期的にマッサージを受けることによって、筋肉に蓄積する疲労の毒素を血液と共に促してくれるので、イライラしたり不快感の緩和にもマッサージは効果的とされています。

3.疲労回復力の向上を助ける

プロアスリートの方の場合は、ほぼ毎日マッサージを受けていることをご存じですか?特に怪我はしていないにもかかわらずマッサージを受けているのです。それは疲労が蓄積しないようにマッサージ師を雇って練習の前後や試合後に疲労を残さないようにしたり、回復力を高めるためにマッサージを利用しています。

プロのアスリートに限らず、日常生活を送っていると自然と筋肉は疲労してきますので、筋肉疲労が慢性化しない為にも定期的なマッサージを受けることで回復力を高めてくれる要素があります。

4.血行促進

マッサージを行うことで血行不良となっている部分を解消することが出来ます。血行不良は様々な身体のトラブルを引き起こすきっかけとなります。痛みだけではなく、うつ状態、寒気といった症状にも繋がり易くなります。

症状の緩和に加えて、血流が良くなることで血圧の改善にも効果的です。

マッサージの効果についての論文や文献

血流改善

マッサージに血流改善の効果はあるのか?」の研究では以下の結果が記されています。

  • 皮下血液量の上昇
  • 血圧の低下
  • 下腿周囲径の減少

こららが認められたためマッサージの血液循環の改善を認められたとされています。

柔軟性を向上させる

マッサージによる筋硬度の変化の検討」の研究では、健常の成人20名を対象として、ふくらはぎの部分を7分マッサージした。

結果、マッサージを行った側と行わなかった側の足はマッサージ直前に計測したところ筋硬度の差は無かったが、マッサージをしたふくらはぎの内側の硬さがマッサージ後に低下して15分後まで効果が持続したと示されています。

マッサージを効果的に受ける方法

通常通りマッサージを受けると、ある程度のマッサージ効果を得ることは可能です。しかしどうせならより効果を実感したいものですよね?マッサージを効果的に受ける方法を実践してもらえば、より効果を高めることが可能です。

しかし、ココで紹介することをいきなり全て実践することは難しいと思うので取り入れやすいものを選んでみてください。

1.マッサージ前後に水分補給をする

血流を良くするためには、体内の水分量を増やしておく必要があります。その場合はマッサージ前後に水分を補給するようにしましょう。すると老廃物を外に排出しやすくなります。

マッサージの店舗にウォーターサーバーが設置していたり、ハーブティーなど用意されている場合もあるので試してみてください。

食事に気を付ける

血流を良くするためマッサージを行いますが、体内から血流を改善するには食事から気を付ける必要もあります。

マッサージ後は、血流を良くするような栄養素(タンパク質やビタミンC)などを摂ることも必要です。

マッサージ後に睡眠をしっかり取る

マッサージの後は、あまり予定を入れないようにして出来る限り早めに帰宅して休むようしましょう。

特にマッサージを受けた後はリラックスしやすくなるので眠くなることもあると思います。そのような場合は早めに寝て疲労回復に努めてみましょう。

湯船に浸って身体を温める

マッサージを受けると代謝も上がるので少し身体が温かくなることもあります。さらに効果を高めるなら、しっかり湯船に入って温めることが重要です。

たまにシャワーで済ませてしまう方も居ますが、実はシャワーは交感神経と言われる緊張する際に働く神経が活発になる恐れがあると言われているので、マッサージ後は適していません。せっかくリラックスしたのに逆効果にも繋がりかねません。

また、あまりにも熱い湯の場合も同様です。マッサージ後に入浴する場合はぬるま湯がいいですね。

定期的にマッサージを受ける

1回でマッサージの効果を得られる方もいますが、実は身体の中から変わらない限り同じことを繰り返してしまいます。元々は生活習慣から出来上がったものなので、仕事や家庭のストレスを受けていれば次第に元の状態に戻ってしまいます。

マッサージを受けるだけでは身体の中から改善することも出来なくもないですが、それには時間が必要となってきます。身体の中から改善したい方は、マッサージを定期的に受ける必要もあります。

マッサージを受ける時に効果的な方法

自分自身でマッサージをする場合や受ける場合には、オイルマッサージが効果的です。マッサージは本来皮膚上に直接刺激を与える物なので、滑りやすくさせる為に滑材を使用してマッサージを行います。

なるべく心臓に向かって揉んだり押したりするのではなく、擦ってみましょう。擦ることはマッサージの手技で言う「軽擦法」と呼ばれる物です。是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です